誰にも知られずにキャッシングがしたい

人に言いにくい事情があってお金が必要になった、という時でも、キャッシングを利用すればお金が借りられます。知人などに借りるのと違うのは、自分とキャッシング会社のみでやり取りするので、知人や家族を介さない点です。キャッシングも契約において担保や保証人は不要です。契約者の本人確認さえ取れれば、免許証1枚でも申込みができます。

 

 

誰にも知られずにお金を借りたいのであれば、キャッシングは何かと便利です。人にキャッシングがばれないようにするには、いくつかのコツがあります。

 

インターネットから申込む

キャッシングは店頭ではなく、インターネットからでも申込みが可能です。来店不要で契約可能なキャッシングなら、店頭に出入りする所を人に見られる心配もなく、安心して申込みができるでしょう。

 

インターネットで申込むメリットは多いです。どこにいても手軽に申込みができますし、夜間や早朝でも申込みは可能です。また、インターネットでの申込みは難しいと感じる人もいるかもしれませんが、実際はインターネットの方が楽だったと感じる人の方が多い位です。

 

必要な項目をフォームに入力していくだけなので、簡単に手続きができます。インターネットの場合、本人確認書類は写真にとって送付します。これもスマホなら、手続き途中でスマホのカメラで撮影すればそのまま添付できます。インターネットで申込みをすれば、手続きが簡単で時間も短縮できます。

 

契約自体はネットでなくても行えるので、申込みは早く進められるインターネットでの手続きとし、その後は契約機を使うとスピーディな最短即日融資も可能となります。急な出費時にはネットと店舗や契約機の併用がポイントとなるので、早くに借りたい方は店舗や契約機の即日融資を考えておくと良いでしょう。

 

利用明細書や郵送物に注意する

誰にもバレずにお金を借りたいのであれば、郵送物には注意が必要です。例えばインターネットで申込み、本契約を行った場合、契約書は後日郵送で届けられます。封書を家族にあけられてしまうと、キャッシングの申込みがバレてしまう可能性があります。

 

また、ATMで借入れや返済を行う際、提携ATMでは利用明細書が発行されない場合があります。キャッシングでは利用明細の発行は法律によって義務付けられているので、この場合後日郵送で届きます。これも家族に見られてしまわないよう注意が必要です。

 

ただし、キャッシング会社も郵送物には配慮をしています。封書をみただけではキャッシング会社名がわからないようになっていて、中身を開封しなければ内容まではわかりません。それでも心配であれば、利用明細書が発行されるATMで借入れや返済を行いましょう。

 

カードレスで利用する

インターネットからキャッシングの申込みをすれば、キャッシングの利用が家族や知人にバレる可能性はほとんどなくなります。しかし、それでも郵送物などからバレてしまう可能性はあります。また、そもそもキャッシングのカードが見つかってバレてしまうという可能性もあります。

 

これらの問題を解決する方法として、カードレスのキャッシングを利用する方法があります。申込先は限られますが、カードを使わずに借入れや返済が行えます。申込みはもちろん、借入や返済もWEB管理なので、インターネットで借入れや返済の申込みをします。お金のやり取りは自分の口座を介して行います。カードがないので、財布の中を見られてバレるというような心配すらなくなります。

 

カードレスの場合、カードの発送もありません。また、利用明細書についても郵送されません。利用明細も含めてWEB上での管理となります。自分でいついくら借りたのかなどの明細は、インターネット上でいつでも確認ができます。

 

カードレスのキャッシングは人気が高まってきていますが、その理由として手続きが簡単な点と、郵送物が一切ないという安心感が大きいです。今はスマホを使えば、外出先っでも関係なく、借入や返済、残高の確認など全ての手続きが可能です。

 

ただしカードレスのキャッシングにはデメリットもあります。借り入れは銀行振り込みとなってしまうため、どうしても急ぎの際の借り入れには間に合わない場合が出てきてしまいます。平日の昼間であれば良いのですが、夜間や週末の即日融資にはカードレスのキャッシングは不向きです。

 

平日にしか使わないと決めているならモビットのカードレスキャッシングが可能となるWEB完結などのサービスは優れているのですが、いつお金が必要になるか分からないと考えると、契約時の良さだけでカードレスキャッシングを選ぶべきではないといえます。